大川村図鑑大川村図鑑

大川村にあるいろんなものを、図鑑にまとめました。
大川村に来て、実際に探してみませんか?

植物図鑑植物図鑑

きれいな花や山ならではの珍しい植物、食べられるものも!
大川村の花草木(ときどき苔)の図鑑です

ゲンノショウコ

民間薬の原料として有名。花は白や紫がかったピンクのものなどがある。そっくりさんで外来種のヒメフウロさんがいる。ついでに花がないと、かの有名なトリカブトさんもそっくりらしい…。大川村では花が白いほうが効用が強いといわれ、昔は白のものだけ摘んで薬用として用いられていた。

特徴

  • 花の時期:8月~11月。なんかずっと咲いてる。
  • 整腸作用・高血圧・利尿作用・婦人病にも効果があるらしい。はたらきもの!

イタドリ

若いものは軽い酸味とシャキシャキとした歯ごたえがあり、クセがなく大変美味しい。アクが少ないので下処理なしでも食べられる貴重な山菜。さらにサラダから炒め物煮物はてはお菓子やジャムにまで使われる、あなたいろに染まる山菜。にもかかわらず高知県といくつかの地域でしか食べられていない、もったいない山菜。成長すると別人。大川村では割いてミズグルマ(水車)を作って子供が遊んだりもする。食べ物にもおもちゃにもなる千変万化。

特徴

  • 食べごろ:3~4月 若い芽(30センチくらいまで)ならいつでも
  • はえている場所:どこでも。高知県のスーパーや道の駅。結いの里で買えることも。
    日当たりの良い土手に多い。
  • オススメサイズ:30センチくらいで葉が開く前まで。
  • 特徴:ふしがあり、赤紫がかっている。
  • おいしい。

ミツマタ

枝が三つに分かれているからミツマタ。でもそんなことより和紙の材料として有名。冬の終わりに小さな黄色い花がポンポンみたいに丸く集まって咲くのがとてもかわいい。下向きにうつむいて咲く奥ゆかしい子なのでぜひ下から見てあげてほしい。昔はこれを栽培・収穫して皮をはぎ、製紙業者に売るのが女性のナリワイで、おかげで大川の女性は豊かだったそう。

特徴

  • 花の時期:2~3月頃。寒―い時期に誰よりも早く咲く
  • 栽培が盛んだったころは山が花で黄色に色づくほどだった
  • 今は小金滝付近などに残っています

サンキライ(サルトリイバラ)

大川ではこの葉っぱをおもちや団子を包むのに使う。実は赤くてかわいいが、おいしいという話は聞いたことがない。おおむね葉っぱを食するか、リースにするための植物。ツルのとげに毒があるので取り扱いには注意。

特徴

  • 花期:4~5月頃。花は緑なので目立たない。
  • やっぱりメインは赤い実
  • 実には毒消し作用があるらしい。

フユイチゴ

冬枯れの森で輝く宝石フユイチゴ。クセがなくアタリをひけば本当にイチゴのように甘い。冬場に楽しめる数少ないワイルドフルーツのひとつ。収穫はサルとの競争だが、かなり広範囲にはえている植物なので、サルも取りきらず競争率はそう高くない。ハズレを引くと酸っぱい。春のクサイチゴより実が小さめ。草葉のかげに実ることが多いので、草むらを角度を変えながらよく見るのがコツ。日当たりのいいところのほうがアタリが多いかも。

特徴

  • 実の時期:11月~2月頃
  • 生えている場所:木陰、岩場、シダなどの下
  • 身の大きさ:1センチ前後。
  • かわいい。

関連記事

シマカンギク

山に咲くキク。大川村では秋になるとそこらへんの道端にいっぱい密生して咲いている。元気な黄色の小さな花がモコモコついてとてもかわいい。この花をひたした油を昔は薬にしたらしい。

特徴

  • 花期:10月~12月。紅葉の脇で華を添える花。
  • 別名:油菊アブラギク(油につけて薬にするから)

オオイヌホオズキ

ちっちゃいちっちゃいナス。まさにナス。実も花も大きさは1センチ前後の超ミニチュア茄子です。おままごとに使えそうなくらいめっちゃ米ナス。でも実は毒もちさんなので、口に入らないように要注意。

特徴

  • 実・花期:8月~10月。次々に花が咲き、実がなる。
  • 実のサイズも花のサイズも1センチにも満たないくらい小さい。
  • とにかく見た目がとてもかわいい。
  • 特に何の役にたつわけではない。

クサイチゴ

おいしいです。タネもなく甘酸っぱい正真正銘「食べれるイチゴ」。でもそんなことよりこの美しさを見てください。どうか伝わって!この透明感!美しい!食べちゃいたいくらいカワイイ!まあ、食べちゃうんだけど。そんな草むらの宝石、クサイチゴです。冬に実るフユイチゴに似てますが、こちらのほうが少し大きいものが多いです。昔の大川村の子供たちはチガヤの茎のようなまっすぐの固い茎にいっぱい刺してかわいいおやつにしていたそうな。

特徴

  • 実の時期:4月末頃~6月なかばくらいまで
  • 標高1400メートルくらいのところになると8月まで実があったりする
  • 実のサイズ:1~1.5センチくらい。
  • ヘビイチゴによく似ているので注意。花が白いのが食べれるイチゴ率高い

エイザンスミレ

日本で2種類しかない、春菊のような形の葉っぱをもつ超レアなスミレのひとつ(ふつうのスミレの葉はフキの葉を平べったくしたような形)。甘い、いい香りがします。ただ、葉っぱ以外はほぼ普通のスミレなので見落とされがち。超レアだけど、そのわりにはそのへんによくいる子でもある。スミレを見つけたら、葉っぱの形をよく見てみてくださいね!

特徴

  • 花期:3~5月
  • 薄暗めのじめっとしたところが好き
  • 基本的に薄紫色だが、真っ白の個体も。

ユキモチソウ(タヌキノションベンタゴ)

真ん中が真っ白でおもちみたいだから雪餅草。大川村では昔から「たぬきのしょんべんたご」と呼ばれ親しまれて(?)いた。しかしもちもちした見た目とは裏腹なサイコパスなので要注意。食虫植物のような見た目だけど虫は「食べない」。そのかわり受粉のために取り込んで飼い殺しにする。実に毒(二粒で入院レベル!)がある。

特徴

・土の栄養状態によって性転換する。
・食中植物みたいな見た目だけど虫は食べず、受粉のために閉じ込めて飼い殺しする。
・実に強い毒があるので要注意!(2粒で入院レベル!)
・絶滅危惧種なので、見つけても決して目を合わせずそっとスルーしてください…。

植物図鑑を見る

動物図鑑動物図鑑

サワガニ

大川には赤いのと青いのがいる。そこらへんの側溝から、駐車場や道路で出会うこともよくある。青いのは昔からウルシなどにかぶれたときにつぶしてそのまま塗ったり湿布にしたりしたそう。もともと大川にはサワガニを食べる文化はなかったが、四万十などからサワガニ料理を作る文化が入ってきて、赤いのだけは食べるようになった。青いのはおいしくないらしい。

特徴

  • 体長10センチ弱
  • 赤いのと青いのがいる
  • かわいい
  • 気を抜くと挟まれて痛い
  • 赤いのは美味しい

シマヘビ(カラスヘビ)

シマヘビには全身真っ黒の黒化型が産まれることがあり、「カラスヘビ」と呼ばれている。大川では子供たちに「毒がある」「ちょっかい出すと追いかけられてずっとついてくる」といって触らないよう教えていた。毒はないがそのぶん臆病で気が荒いからかもしれない。(もちろんマムシは触るな逃げろと教えます。)子供のころはヨコ縞で、大人になったらタテ縞になる。

特徴

●はっきりした縞(もしくは全身真っ黒)と赤い目、小さい頭が特徴
●黒いものは「カラスヘビ」と呼ばれる
●大川村では春~秋にかけてかなりよく見かけるヘビ
●木登りは下手だが足は速い(足ないけど…)

アカハライモリ

真っ赤なおなかでいかにも毒がありそうなのに、実はアマガエルと大差ない程度の毒性。しかも赤いのは腹側なので、食べられ始めてからしか気づかれない。子供でも素手で捕まえられるほどトロく、生まれた時から水の中で暮らしているくせに大人になった瞬間カナヅチになって溺れる、そんなどこまでも要領の悪い生き物。弱肉強食の自然の中で今まで生き残れた奇跡。そう思うと愛しい…デショ?

特徴

  • 両生類(いつも間違われるヤモリは爬虫類で赤の他人です)
  • 赤ちゃんはウーパールーパーのような見た目でとてもかわいい。
  • 昔はどこにでもいたが、今や準絶滅危惧種。
  • 好きなところ:流れの少ない水たまりのようなところ(流れがあると溺れるから。)
  • 好きな食べ物:動きがゆっくりのもの(早いとつかまらないから。)
  • 大川村ではわりとどこでもいる。

オンビキ(ヒキガエル)

大川村では「おんびき神社」があるくらい敬われてきた、神さまのお使いの生き物。オンビキさま。でかい。前足を伸ばし顎を上げて立っている姿は確かに威風堂々。引かぬ媚びぬ省みぬを地でいくカエルで、人が通ろうが車が来ようがつかみ上げられようが、自分が動きたくなければテコでも動かない。その崇高な志のため、ときどき道路で平べったくなっている。雨季には道路にお地蔵様のようにびっしり立っている。せめて車が来た時くらいはどいたらいいと思う。

特徴

  • 引かぬ・媚びぬ・省みぬ
  • 活動期:春~秋。
  • 大川では油をとることはなかった
  • 耳あたりから白い毒の粘液を出す(嫌がることはしないが吉です。中の人は見たことないです)

カジカガエル

「清流の歌姫」とまで言われる、鳴き声が美しいカエルの王様(でも見た目は普通のカエル)。古今和歌集にも詠まれるほど、昔から美声で有名。江戸時代には一般に飼育され、「世界最古の両生類ペット」といわれているらしい。渓流に住み、岩に貼りついて暮らしている。擬態が上手でわりとよくいるはずではあるが、見つけるのは至難。夜は瞳孔が開いていやに可憐な顔つきになるカエル。飼うのは難しいので、お持ち帰りしないでここで歌だけ聞いてってね。

特徴

  • 体はひらべったく、岩に張り付かれると見分けがつかない。
  • 仲間に触発されて鳴くらしいので、川で鳴きまねをしてみたらホンモノが聞けるかも?
  • 世界最古の愛玩両性類。
  • 鳴き声:「フィフィフィフィフィ」(鹿の鳴き声に似ているから「河鹿(カジカ)」)

アナグマ

昔から人里近くに生息し「むじな」と呼ばれ親しまれている一方、「ハクビシンだと思ってた」「『ムジナ』って妖怪じゃなかったんだ!?」と、いまいちメジャーにならない不遇の子。春になると昼となく夜となく良く道端ですれ違うようになる。けっこう大きいので出会うとびっくりするが、向こうは気づいていないことも多い。
※ハクビシン・タヌキなどといっしょくたに「むじな」と呼ばれていた

特徴

・冬眠するイタチのなかま
・虫やミミズを食べるおとなしい生き物。
・虫堀りに夢中になっているときは至近距離まで近づいても気づかない
・もっさり、おっとり
・食べるとおいしいらしい

ヤマドリ

「あしびきの やまどりの尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む」百人一首で有名な「ヤマドリ」。尾が長い。すごく長い。山にいる鳥全般を指す言葉じゃなく「ヤマドリ」という名前の鳥。尾が13節になると光ったりするという言い伝えがあるそうですが、中の人はあいにく目にしたことはありません…。昼間に大川村奥地の道路をよく横切る。

特徴

  • キジのそっくりさん。
  • 顔が赤っぽいのがヤマドリ。(青いのがキジ。)
  • メスの見分けはあきらめよう。
  • 味はとてもおいしいらしい。(レアなのでなかなか食べる機会はない)

タヌキ

大川村で一番よく見かける動物の一つ。昼も夜もいるが特に夜に出くわすことが多い。季節にもよるが30分も車で走り回れば3、4匹は車の前を横切る。そしてなぜか進行方向に逃げる。頭に葉っぱをのせて化けたり化かしたりはしない。大川村の昔話でも「タヌキに化かされた」系の話は意外に少ない。昔は油をとって万能薬にした。いたずら者のイメージがあるが、実際は臆病で害の少ない生き物。

特徴

  • よく見られる時期:通年
  • 大川では「無害な生き物」。
  • 車のライトにびっくりして飛び出してくるので夜の運転には注意。
  • 意外とおいしいという話は聞くが、実際食べたことがあるという話は聞かない

ノウサギ

大川村で最もよく見かける動物のひとつ。夜行性で、夜車を走らせているとかなりの確率で飛び出してくる。車に慣れた都会の動物と違って進行方向に逃げるクセがあるので、ひかないように注意してあげてほしい。臆病で繊細だが、人の家の裏に住み着くなど意外と図太いところも。畑は荒らすが広範囲をめちゃめちゃにすることは少ないので見逃されている感がある。猟の季節もシカやイノシシのほうが効率がよいため見逃されている、穴場を生き抜く生き物。

特徴

  • 臆病で繊細。基本夜しか動かない。
  • かわいい。
  • 実はけっこう悪戯してるけど、もっと派手にやってるやつがいるので目立たないみたいな子

サル

昼間によく見かける動物第一位。都会のサルは襲ってくることで有名だが、大川のサルは人が来ると逃げるので攻撃される被害はない。しかしそれでも村的にはお山の悪魔その1である。できた作物を片っ端から引っこ抜いたり(一口しか食べない)、実をもいで捨てたり(一口しか食べない)するので非常に評判が悪い。取るならおいしく食べてほしい。彼らからの農作物への被害は甚大で、多少の柵など意味をなさず、これを防ぐには四方+上もふさがなければならない。もはやハウスでは?くらいの防備が必要。

特徴

  • 嫌いなもの:ゆず、トウガラシ、ゴーヤ
  • 好きなもの:収穫直前と植え付け直後の野菜
  • 大川村には、サルに石を投げてはいけない。という掟がある。(サルは真似して投石を覚えてしまいとても危険だかららしい。)
  • おいしい部位:さすがの大川村でも食べない…。
動物図鑑を見る